発足経緯

地域産業の「廃材」を「配財」にかえる!

東京スカイツリーが建設された東京・墨田には、現在2800ものモノづくり企業があるのをご存知ですか?
皮革、木工、ウレタン、メッキ、紙、ガラス、繊維、ゴム、プラスチック、金属…そこでは、さまざまな素材が扱われ、さまざまな加工によって、
さまざまなモノたちが日々つくられています。
これらモノづくり企業に共通の課題が、どの業種でも必ず製造過程で発生してしまう「廃材」の廃棄です。
産業廃棄物として廃棄するだけの「廃材」を、もっとECOで楽しくポジティブに活かしてゆくことはできないか!?!?こうした思いから
墨田のモノづくり企業の若手後継者を中心に、私たち“配財プロジェクト”は結成されました。