わくわく変身!eco工作ワークショップ

正しい告知画像_640

10月14日(体育の日)に、「東京スカイツリータウン・ソラマチ」で、『わくわく変身!eco工作ワークショップ』を開催します!! なんと! 大人気キャラ・くまモンが、熊本県から出張参加!! 
バンダイのかんきょうたいし くちぱっちとの強力なタッグで、エコ変身を楽しくパワーアップさせちゃいます。

〇つくるもの〇
“封じこめる”というカプセルの特性を活かし、配財を目で見ても楽しむことができるハンコを作っていただきます。配財プロジェクト(墨田区)×サトウ化成(墨田区)とバンダイのコラボレーションでのワークショップです。

『わくわく変身!eco工作ワークショップ』

◆会場
東京スカイツリータウン・ソラマチ5階 産業観光プラザすみだ まち処
http://machidokoro.com/access.html

◆日時
2013年10月14日(月曜日・体育の日) 以下のスケジュールで開催します。
①11:00~11:30:くまモン登場スペシャル回(30分)/定員:16人
②13:00~13:30:くまモン登場スペシャル回(30分)/定員:16人
③14:00~14:20:通常実施(20分)/定員:16人
④14:30~14:50:通常実施(20分)/定員:16人
⑤15:00~15:50:通常実施(20分)/定員:16人
⑥16:00~16:30:通常開催(20分)/定員:16人
①、②のくまモン登場スペシャル回のみ、かんきょうたいし くちぱっちのエコ友の “くまモン” が登場。熊本県で行われているエコ活動について教えてくれます。 ③~⑥の通常実施の回に関しては、バンダイのスタッフとくちぱっちによるワークショップになります。※くまモンは登場しません。

◆参加方法
ワークショップ当日に整理券を配布します。 配布は、会場の受付にて朝10:00より、①~⑥全ての回の整理券を配布します。 (なくなり次第終了)

◆対象
5歳~15歳以下のお子様に限らせていただきます。(必ず保護者の方の付き添いをお願いします)

◆参加費
無料

◆そのほか
材料等は、こちらで用意しています。 作品を持ち帰るための袋等をお持ちください。

くわしくは、“バンダイエコくらぶ”をチェック
http://www.bandai.co.jp/kids/eco/news/

◆併催
2013.10.10〜10.13,10.15
配財万華鏡ワークショップ
http://machidokoro.com/event.html

2013.10.10〜10.15
Small Factories 販売会
http://www.haizai.jp/1940.html

ジオラマ for 千代田化工建設

Print

私たち配財プロジェクトは、地域産業の「廃材」を「配財」にかえ新たなビジネスモデルを創造することをミッションに掲げております。

今回、ジオラマづくりのご依頼を受けた際、千代田化工建設さんが取組む水素サプライチェーン構想「現状、余っているガスから水素を取り出し、環境付加価値をつけて有効活用する」という事業コンセプトにとても共感しました。

その事業コンセプトに倣い、例えば、水素プラントにはプレス工場から出た金属部品の配財(廃材)などを用い、ケミカルタンカーには緩衝材の型抜き工場から出たEVAの抜きカス、風力発電にはプラスティック加工工場から出たプラスティックの端材などを用いることで、廃材に光を当て、配財として有効活用して、このジオラマを作成してみました。

これまでもエネルギーと環境の調和を目指されてきた千代田化工建設さんにこそ、これからの低炭素社会のインフラをつくって頂きたいです。期待しております。

SPERA水素 千代田化工建設の水素供給事業 ←click!


※ 配財プロジェクトでは、配財(廃材)の活用を通じて企業様のCSRのサポートを行っております。ご興味ある企業様はぜひお問合せください。

紙と糸のアクセサリーWS



おかげさまで、満員御礼につき、募集を締め切らせていただきました!

【セカンドハーベスト・ジャパン × 配財プロジェクト コラボワークショップ】

製本工場から出る厚紙の配財(廃材)と、メリヤス工場から出るカラフルな残糸を利用して
ブローチやネックレス、シューズクリップやピアス、ヘアゴムなど
お好きな配色で自分だけのオリジナルアクセサリーを作ります。

今回のワークショップ会場は、日本におけるフードバンクのパイオニアである
セカンドハーベスト・ジャパンのキッチンスペース。
ここではボランティアの人たちが毎週土曜に行われる炊き出しの準備をしていますが、
炊き出し終了後の空いた時間を、
配財プロジェクトのワークショップのために使わせていただくことになりました。
アクセサリー作りの手仕事をしながら、
セカンドハーベスト・ジャパンのスタッフからフードバンクについてのお話を聞くことができます。

まだ食べられるのに捨てられるもったいない食べ物を、必要とする人たちへと届けるフードバンクと
まだ使えるのに捨てられるもったいない廃材を、新たな価値のある配財にかえる配財プロジェクト。
お互いの想いに共鳴して、今回のコラボワークショップが企画されました。
ぜひこの機会に、楽しくて有意義な時間を過ごしにいらっしゃいませんか?

内容: 町工場の配財(廃材)を利用した「紙と糸のアクセサリー」作り
日時: 2013年4月13日(土) 17:00~18:30
場所: セカンドハーベスト・ジャパン
東京都台東区浅草橋4-5-1水田ビル1F
浅草橋・秋葉原 各駅より徒歩7~8分
http://goo.gl/maps/sI3Np
対象: 大人先着12名(定員に達し次第締め切らせていただきます)
料金: 1500円(収益の一部はセカンドハーベスト・ジャパンに寄付されます)
講師: 大須賀和美(配財プロジェクト)
協力: 有限会社中正紙工小高莫大小工業株式会社
申込: 予約制となっております。ご参加者様のお名前を明記の上、こちらのアドレス
web_otoiawase@haizai.jp までメールをお送りください。(※ 先着順)
備考: ワークショップに使用する道具はすべてこちらでご用意いたします。

WS in DESIGN TOUCH


 「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、インテリアやグラフィック、プロダクトはもちろん、ミュージック、フードなど文化を形成するもの全てを「デザイン」として捉え、それらを通して日常生活を豊かにすることを提案するイベント。六本木の東京ミッドタウンで毎秋行われる人気イベントです。
 この中で芝生広場にて「Park Workshop」が開催されます。様々なジャンルの若手デザイナーが芝生広場に集結。配財プロジェクトも参加します!
 今回は、プロジェクトメンバーの配財アーティスト大須賀和美による「抜きカスはんこワークショップ」を実施。墨田区の型抜き加工工場から提供いただいたウレタンの抜きカスからつくるはんこづくり、子供も大人も楽しめるワークショップですので、ぜひ体験しにお越し下さい。予約なしで気軽に作品制作を伝授いたします!

【期間】2012年10月27日(土)、28日(日)
【時間】11:00~17:00(予定) ※雨天中止
【場所】ミッドタウン・ガーデン 芝生広場
【料金】抜きカスはんこワーックショップ ¥700
    ※その他のワークショップは各自で料金が異なるそうです。
【主催】東京ミッドタウン
【協力】有限会社サトウ化成

WS in 向島 & 南会津


10月はじめの3連休、東京都墨田区向島と福島県南会津町で配財万華鏡のワークショップを行います。ぜひ体験しにお越し下さい!

「すみだ川ものコト市」
日時:10月6日(土)10:00〜16:00
会場:牛島神社 東京都墨田区向島1丁目4-5
(※6日雨天の場合、8日(月)に順延)

「元気です!南会津 都市交流フェスタ」
日時:10月7日(日)10:00〜21:00、8日(月)10:00〜15:00
会場:南会津町 御蔵入交流館

配財の欠片(かけら)展


2012.8.2(thu)-31(fri)
東向島珈琲店
東京都墨田区東向島1-34-7
TEL/FAX:03-3612-4178
定休日 水曜日

配財プロジェクトのホームタウン東京墨田の東向島珈琲店にご協力いただき、配財の欠片(かけら)たちを活かして生まれた商品を展示・販売させていただくこととなりました!新作の糸巻き万華鏡の試作品もご覧いただけます。おいしい珈琲とスイーツを楽しみがてら、どうぞ皆さん遊びにお越し下さい。


ジオラマを作ろう!


配財でジオラマを作ろう!

ウレタンなど緩衝材(かんしょうざい)の型抜き加工のサトウ化成さんの工場で、実際に型抜きの作業を見学します。そのあと、作業で出てきたいろいろな色やカタチの配財を使って、ジオラマを作ってみましょう。最後は、みんなのジオラマを並べて「まち」を作って記念撮影します♪

日時: 2012年7月14日(土)14:00~15:30

場所: 有限会社サトウ化成 墨田区東墨田2-14-1
    (最寄り駅:京成押上線 八広駅)

対象: 小学生(保護者の方の付き添いをお願いします。)

費用: 500円(モニター企画につき特別価格です。付添いの方は無料です。)

応募: 先着10名 氏名・電話番号を下記連絡先までお知らせ下さい。
Email web_otoiawase@haizai.jp Tel 03-6658-4334

備考: 作品(約30X30X10センチ程度)を持ち帰るための紙袋をご用意ください

抜きカスはんこ


>>>満員御礼!募集は締め切らせていただきました。<<<

抜きカスはんこワークショップ

型抜き加工工場から出される配財(廃材)をつかった、オリジナルはんこづくりのワークショップです。粘着シールがついたウレタンシートを使うので、作成時にのり付けの必要がなく簡単に作れます。配財なりの形を活かしたはんこを時間内にいくつでも好きなだけ自由に作ります。

日時:2012年6月27日(水)19:00~20:00

対象:大人

費用:モニター企画につき無料(*ただしドリンク代500円がかかります)

場所:ソーシャルインキュベーションオフィス・SUMIDA 2階会議室
東京都墨田区本所3-15-5

講師:大須賀和美(配財アーティスト)

応募:先着10名。氏名・電話番号を下記連絡先までお知らせ下さい。
Email web_otoiawase@haizai.jp Tel 03-6658-4334

協力:有限会社サトウ化成

バルーンリリース 3.11

生地 リブニット ニット生地
あれから1年。

みなさんは、2012年3月11日をどう過ごされましたか?

生地 リブニット ニット生地
わたしは、午前中、配財プロジェクトのメンバーと

事業計画についてミーティングをしたあと

メンバーでもあるマルサ斉藤ゴムの斉藤社長の指揮のもと

メンバーと14時46分に1分間の黙祷後、白い風船でバルーンリリースをしました。

生地 リブニット ニット生地
ちょうど日曜日でしたが帰ってTVをつけると

当然ですが特番が各局で放送されていました。

あらためてみる一年前。

あらためて忘れては生けない日。

生地 リブニット ニット生地

卒業記念行事 × 配財プロジェクト

生地 リブニット ニット生地
今月、区内の八広小学校で卒業を迎える6年生を対象に

配財プロジェクトとして卒業記念行事のお手伝いをさせていただきました。

生地 リブニット ニット生地
最終的には万華鏡のワークショップをすることになったのですが

事前に地元の2社を工場見学。

どのような工場が地元にあるのかということを知ることと

実際に出てくる配財を現場で見学しました。

生地 リブニット ニット生地
私たちが子供の頃は工場の扉が開いていて

町に自然と現場が溶け込んでいましたが近年では騒音や危険などということで

閉鎖的になっていたこともあってか、そもそも身近に工場があることすら知らない

子供たちが増えているような気がします。

地域の工場と子供たちを繋げる。

もちろん保護者の方にも周知していただくことで新しく墨田に来られた方にも

もっともっと墨田を知っていただくきっかけにもなりました。

生地 リブニット ニット生地
そしていよいよワークショップ当日。

3クラス約100人の卒業生たちに分かり易く、そしてスムーズに製作を行ってもらうか?

事前に十分な準備したものの初めての事もあって緊張気味のメンバー

生地 リブニット ニット生地
今回は、製作工程を映像にまとめて事前に子供たちにレクチャー

その後、一緒に作っていくという方法を試みましたが

これが思った以上にうまくいきました。

生地 リブニット ニット生地
映像を見たことでイメージをつかめたのか難しい行程でも予想以上にスムーズに。

そして教える側も以前に比べて言葉で表現するのがちょっと難しい行程も

分かり易く伝えることが出来たようです。

生地 リブニット ニット生地
万華鏡が出来た時点で各教室で作業していた6年生全員が体育館に集合。

いよいよ好きな配財を万華鏡に投入する作業に入るのですが

その前に墨田区と町工場の関係や配財がどんな形で生まれるかを報告。

生地 リブニット ニット生地
この万華鏡のワークショップを始めて1年半が過ぎましたが

今までは比較的低学年以下の子供たちが多かったので

思春期を迎えるこの時期の子供たちがどんな反応をするかちょっと不安でしたが

みんな製作の段階から真剣な表情で取り組んでいて正直驚きました。

生地 リブニット ニット生地
配財の投入作業でもかなり盛り上がっていて子供たち同士で交換して見せ合ったり

先生や保護者の方に見せたり、子供たちの素直で素敵な笑顔が

その場の雰囲気をとてもやさしいものに変えていく様は

何とも暖かい行事になったとその場にいた私たちだけでなく

先生方や保護者の方々も感じていただいたようです。

生地 リブニット ニット生地
「子供たちのこんなにも真剣な取り組みの姿勢

素直な笑顔が見れて本当にありがとうございました。」

担任の先生にそのようなお言葉をいただきこの配財プロジェクトの

地域での役割がまたひとつ確立したのではないかと感じました。

この結果を踏まえて現在来年度からのこのような卒業イベント事業を

増やしていく計画にしています。

ものづくりを通して教育、そして地域活性ができるすてきな事業。

一般社団法人化した配財プロジェクトのひとつの柱になっていくと思っています。