抜きカスはんこ


>>>満員御礼!募集は締め切らせていただきました。<<<

抜きカスはんこワークショップ

型抜き加工工場から出される配財(廃材)をつかった、オリジナルはんこづくりのワークショップです。粘着シールがついたウレタンシートを使うので、作成時にのり付けの必要がなく簡単に作れます。配財なりの形を活かしたはんこを時間内にいくつでも好きなだけ自由に作ります。

日時:2012年6月27日(水)19:00~20:00

対象:大人

費用:モニター企画につき無料(*ただしドリンク代500円がかかります)

場所:ソーシャルインキュベーションオフィス・SUMIDA 2階会議室
東京都墨田区本所3-15-5

講師:大須賀和美(配財アーティスト)

応募:先着10名。氏名・電話番号を下記連絡先までお知らせ下さい。
Email web_otoiawase@haizai.jp Tel 03-6658-4334

協力:有限会社サトウ化成

Lohas Design Award & スカイツリー祝賀イベント


2ヶ所で元気にイベント参加します!ぜひ遊びに来てください!

東京スカイツリー区民祝賀イベント
東京スカイツリー開業を記念して、墨田区民によるイベントを開催します。配財プロジェクトも墨田をベースに活動する団体として、大横川親水公園「わくわく体験エリア」にて、配財万華鏡ワークショップと配財ふうせんマスコットワークショップを実施します。
【日時】5月19日(土)11:00〜17:00、5月20日(日)10:00〜17:00
【場所】東京都墨田区 大横川親水公園

Lohas Design Award 2012
毎年新宿御苑で行われる雑誌ソトコト主催のロハスなイベントに参加します。配財プロジェクトからは、町工場のお仕事のトレーサビリティを、万華鏡を使って楽しくわかりやすく展示します。環境省の「環境ゾーン」で会いしましょう!
【日時】5月18日(金)〜20日(日) 9:00~16:30(入場は16:00まで)
【場所】国民公園 新宿御苑
【備考】facebookページ

工場見学&配財ワークショップ〜金属加工編〜


金属加工工場の見学と、モノづくり体験が一度に楽しめる体験会の参加者を募集しています!工場で出る廃材を使ったスプレーアートや、金属製のキーホルダー作りが体験できますョ。お子さんだけでなく、大人の方にもオススメです!!

【日 時】3月24日(土)13時~15時
【場 所】浜野製作所(東京都墨田区八広4-39-7)
【対 象】小学校4年生以上 (※保護者同伴可)
【費 用】無料
【定 員】先着10組
【持ち物】マスク、軍手
※当日は汚れても構わない服装でご参加ください。
【申し込み・問い合わせ】平日10時~17時の間に、電話にてファクトリウム実行委員会(03-5631-9111)まで。

緊急支援物資 ヒップウォーマー600枚 完成!

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

この連休に被災地へ送る緊急支援物資として『ヒップウォーマー』を

配財プロジェクトやその仲間の方々と製作しました

通常は名前の通りミニスカート程度で冷え性の方などへの室内アイテムとして開発中でした。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

その後、形や縫製部分の工夫などサンプルを作りながら開発中だったのです。



そんな矢先に今回の東日本大震災が起こりました。

義援金は、会社、個人で出来るのですが、やはり普段からやっている

ものづくり』という仕事のなかで何か出来るコトが有るのではと考えました

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

その結果がこのヒップウォーマーに繋がったのです。



このヒップウォーマーは、私たちが普段作っているリブの一種でウール100%に

ポリウレタンを編み込み伸縮性を高めた商品で通常は秋冬物アウターの

衿、袖、裾などのパーツに使われる商品です。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

元々は筒状に編んであり33cmの直径なのですが、リブの最大の特長である

伸び縮みすることからウエスト80cm以上男性でも服を着た上から履くことが出来ます。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

しかも今回は、寝るときも考え長さを80cmほど伸ばしたものにしました。

これなら動くときは二重にして腰から膝までを温め横になるときは足まで包み暖める

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

もちろん弊社国内生産オンリーなので日本製。安心、安全です

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

19日に配財プロジェクトのメンバーと緊急製作開始!

皆さん慣れない作業を悪戦苦闘しながらリブの裁断、それから業務用ロックミシンでの縫製

そしてさらに様々なご縁の方々のご協力をいただき雨が降る昨日21日に

「せっかくだからもう少し華やかに」ということでアップリケ付けの作業を急きょ決行!

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

目標の500枚を大きく上回り


600枚 を完成することが出来ました


うちアップリケ付きは200枚以上でき、これで女性の方やお年寄り

子供たちの笑顔が少しでも広がれば嬉しいです

実際に作業に参加されなかった方でもTwitter や Facebook、ブログなどで

拡散いただいた方にも感謝!感謝です!!


ありがとうございました!


エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

何としても早急に届けるようにしたいと思います


◎リブヒップウォーマー
ウール95% ポリウレタン5%
日本製












廃材 → 配財 → HAIZAI !

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

墨田区は、町工場の集積地だということはことあるごとにお知らせしてきました。

そんな製造業のほとんどが、その過程で出る端材が最終的には廃材になります。

毎日そんな廃材を見ているうちに素直に思うことがあります。

もったいない!」「端材とはいえゴミではない?」「何かに使えないか?

工作用の資材として寄付したり、その物で工場内のちょっとした整理するための

入れ物などを作ってみる。

しかしどれも一時的なもの。

でも日々出るモノを変換させていくまでには当然行きません。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

そこで「廃材」を『配財』 つまり廃棄する材料を財に変換させて配るモノにしていく

仕組み作りの枠組みを作れないかと思っていたところ色々なご縁をいただき

先日キックオフミーティングを行いました。

ポイントは、どんな端材が出るかをデータベース化して、それを若手のアーティストなどに

モノ化、つまり製品化してもらう。

そんな仕組みを組織化していくことがこのプロジェクトのキモです。

様々な端材の製品化。つまり出口の部分のバリエーションを増やすことで

可能性が無限になっていきます。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

今回テスト的にワークショップを行おうと思っているのが万華鏡という出口です。

重要なのは、『配財』つまり財にしなくては意味がないということです。

この流れをキチッとビジネス化していき利を生み出すこと

若手のアーティストの育成につながりのはもちろん、協力企業側は

中小企業なりのCSRにも繋がります。

いわゆるWin Win の関係です 布と生地
このモデルが成功すれば他の製造現場との連携で、全国規模にできるのでは?と思っています。