浅草ジャンクション

吾妻橋のアサヒアートスクエアで行われる「浅草ジャンクション」に
配財プロジェクトがプレゼンターとして出演します。
よかったら遊びに来てください!



*****************************************
a-cita caf� special program 2011
『浅草ジャンクション in アサヒ・アートスクエア』

・日時:4/23(土)open 18:00-21:00/イベントスタート 18:30
・場所:アサヒ・アートスクエア
(墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール4F) 

・入場料:無料(ワンドリンクオーダー)*ドリンク、フードは別料金
・ゲストオーガナイザー:LwP asakusa(http://lwp-a.jugem.jp/)

・主催:アサヒ・アートスクエア
・協賛:アサヒビール株式会社

*****************************************

《イベント概要》

「浅草ジャンクション」は、
活動を行う方やこれからやろうとする方、興味のある方同士が
接点となる場/交流できる場をつくりたいという想いから
LwP asakusa(るーぷあさくさ)を会場に始めたトークイベントです。

各回ごとのテーマに沿ったプロジェクトを進めるプレゼンター、6~8組に
各5分でプロジェクトの発表をして頂きます。

イベントの中では様々なプロジェクトの発表だけでなく、参加者同士が「つながる」
場づくりを行います。

今回は、アサヒ・アートスクエアと共同で、
「マチの使い手、バショの使い手」というテーマで、
“隅田川界隈”で街や店を活用し様々なプロジェクトを進めている方々に
お話頂く夜となります。

会の後は懇親パーティーもあるので、皆さんで盛り上がりましょう!

《ゲストオーガナイザー:LwP asakusa/今村ひろゆき、まり》
 
出演者とお客さんが一緒になって、楽しめるイベントを目指しています。隅田川界隈で生まれている様々な活動や人がつながっていく。このイベントがそんな場になればと考えています。ぜひ奮ってご参加ください!

《アサヒ・アートスクエア/坂田太郎+芳田詠心》
  
 
■出演 *8組を予定/各5分のプレゼンテーションを行います
 
○するところ(両国)http://www.surutokoro.net/
印刷工場の2Fに多彩なジャンルのアーティストを招き子どもから大人までを対象としたワークショップを開催している。
 
○BUGHAUS(墨東)http://www.post-komuten.com/
墨東エリアの工務店とアーティストの大胆な融合による新しいタイプの工務店。
(現代美術製作所の曽我さんや北條工務店北條さん、EAT&ART TAROさん、KOSUGE1-16さんなどがメンバー)
 
○配財プロジェクト(墨田区)http://www.haizai.jp/
町工場の廃材の新たな可能性を模索する工場後継者の方々。
 
○彼岸寺(西浅草、全国)http://www.higan.net/
新しい時代の仏教について再編集し、行動するインターネット上のお寺を運営している。  
 
○SOURCE Factory(墨田区八広)http://sourcefactory.web.fc2.com/
閉鎖してから30年が経った墨田区八広のソース工場をアーティスト達がアトリエとして再生し、制作場所にしている。2009年10月よりアトリエ内にギャラリースペース”SOURCE .sight”を併設し、展覧会なども展開している。
 
○台東デザイナーズビレッジ(台東区小島)http://www.designers-village.com/
台東区の元小学校を活用し、多くの有名デザイナーを輩出するインキュベーション施設。

*他調整中。確定次第掲載します。


■タイムテーブル *予定
18:30-18:40 イベント主旨や団体の紹介
18:40-19:20 プレゼンテーション(4組)
19:20-19:30 <休憩>
19:30-20:10 プレゼンテーション(4組)
20:10-21:00 懇親会パーティー *ドリンク/フードは実費
 
 
《参加申込方法》
下記 1~4の項目を記載の上、LwP_asakusa☆nifty.com へメールをください。 (☆は@に変換してくださいね)

1. 氏名
2. 人数
3. 普段の活動を教えて下さい。(仕事やプロジェクト、趣味の活動など)
4. これからの隅田川界隈を面白くするオススメスポットや人、活動」を 2 つ教えてください


ゲストの他にも、隅田川界隈でユニークな活動をされている方々にお声がけしているので、
お楽しみに!!

児童館とのコラボ

1月の「町工場ツアー&万華鏡ツアー」がきっかけで交流のはじまった八広はなみずき児童館さん。そしてこの3月末、「配財」をつかった学童クラス卒業生の記念作品づくりが実現しました。

学童クラスを巣立っていく卒業生66人の子供たちのために、八広はなみずき児童館の先生たちから相談を受けたのは2月はじめ。子供たちに地元ならではのものを…との先生の問いかけにディスカッションを重ね、児童館から徒歩5分ほどのサトウ化成さんから提供の丸いウレタンをつかった手づくり時計を制作することになりました。




子供たちが楽しく工作できるようにと先生たちで一生懸命考えていただいたウレタン時計。つくる子供の個性によって、デザインも十人十色!どれもとてもよくできていて、一所懸命つくる姿にジ〜ンとしてしまいました。







先生と子供たちのクリエイティビティで「廃材」が「配財」にかわる瞬間を見せていただいた今回のウレタン時計づくり。八広はなみずき児童館のみなさん、どうもありがとうございました。

緊急支援物資 ヒップウォーマー600枚 完成!

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

この連休に被災地へ送る緊急支援物資として『ヒップウォーマー』を

配財プロジェクトやその仲間の方々と製作しました

通常は名前の通りミニスカート程度で冷え性の方などへの室内アイテムとして開発中でした。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

その後、形や縫製部分の工夫などサンプルを作りながら開発中だったのです。



そんな矢先に今回の東日本大震災が起こりました。

義援金は、会社、個人で出来るのですが、やはり普段からやっている

ものづくり』という仕事のなかで何か出来るコトが有るのではと考えました

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

その結果がこのヒップウォーマーに繋がったのです。



このヒップウォーマーは、私たちが普段作っているリブの一種でウール100%に

ポリウレタンを編み込み伸縮性を高めた商品で通常は秋冬物アウターの

衿、袖、裾などのパーツに使われる商品です。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

元々は筒状に編んであり33cmの直径なのですが、リブの最大の特長である

伸び縮みすることからウエスト80cm以上男性でも服を着た上から履くことが出来ます。

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

しかも今回は、寝るときも考え長さを80cmほど伸ばしたものにしました。

これなら動くときは二重にして腰から膝までを温め横になるときは足まで包み暖める

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

もちろん弊社国内生産オンリーなので日本製。安心、安全です

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

19日に配財プロジェクトのメンバーと緊急製作開始!

皆さん慣れない作業を悪戦苦闘しながらリブの裁断、それから業務用ロックミシンでの縫製

そしてさらに様々なご縁の方々のご協力をいただき雨が降る昨日21日に

「せっかくだからもう少し華やかに」ということでアップリケ付けの作業を急きょ決行!

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

目標の500枚を大きく上回り


600枚 を完成することが出来ました


うちアップリケ付きは200枚以上でき、これで女性の方やお年寄り

子供たちの笑顔が少しでも広がれば嬉しいです

実際に作業に参加されなかった方でもTwitter や Facebook、ブログなどで

拡散いただいた方にも感謝!感謝です!!


ありがとうございました!


エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

何としても早急に届けるようにしたいと思います


◎リブヒップウォーマー
ウール95% ポリウレタン5%
日本製












東日本大震災の緊急救援物資製作

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト


3月11日に起きました東日本大地震におきまして被災された皆様にお見舞いを申し上げるとともに
亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。


エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト


様々な団体、個人、海外からの支援が始まっています。
その中で私たち配財プロジェクトでも何かできないかと考えました。


エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト


ものづくりで早急に出来る支援。それが今回のヒップウォーマー。
筒状のウール100%でできたリブを約1mに裁断しほつれないように端をロックミシンで縫製。
これなら私たちでも500人分はできる!
まだまだ寒い東北地方で避難所生活している被災地の方々に少しでも暖を届けたい!


エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト


昨日140人分はできたので明日有志を増やして残りを作り上げ早急に送り届けます!




昨日と明日で500人分を製作しています。
物自体は500人分用意出来そうですが無地では寂しいので
アップリケやボタンなどで少しでも華やかにしたいと思っています。

そこで明日21日弊社で10:30から作業をしていますので
もしご協力頂ける方は針と糸を持ってアップリケやボタン付けを
1個でも良いのでお手伝いいただけませんか?

10:30から18:00ごろまでやっています。
お好きなときに来てお好きなときに帰って頂いて結構です。
奥様、旦那様、お子様もお誘いの上弊社までおいで下さい。


◎ヒップウォーマー アップリケなどの縫いつけ作業
3月21日 10:30~18:00
小高莫大小工業株式会社2F事務所
東京都江東区猿江1-22-1 KODAKAビル
TEL 03-5638-2101
※地図
http://www.next30.com/companys/accessmap













親子で町工場ツアー&万華鏡ワークショップ 開催!(3月26日)

今回は震災直後で工場内での安全確保の面を考えても
中止することといたしました。

お申し込み頂いていた皆さま申し訳ございません。

次回開催もよていしております。
その際はどうぞ宜しくお願い致します。


配財プロジェクト事務局

1月の配財プロジェクト初の大人向け企画「工場見学&万華鏡ワークショップ」も大盛況のうちに終りました。
そして今回、昨年10月の「すみだまつり」以来の親子でのワークショップを春休み企画として開催します!




10月の「すみだまつり」では、万華鏡を親子で製作するというワークショップでしたが
今回は、墨田の町工場を実際に見学をして地域の身近な工業を体感した上で
万華鏡を製作するワークショップを行います♪




お父様もお母様も、『墨田区にこんな工場があるんだ!』というちょっとした大人の工場気分を味わえます。
土曜の午後をお子さんと社会科見学気分でいらっしゃいませんか?





◎親子で楽しむ!春休みSPECIAL
『まんげきょうですみだをのぞこう!』
~万華鏡ワークショップ X 町工場ツアー~

チラシはこちらから >> PDF

日時: 2011年3月26日(土) 13:30~16:00
対象: 親子10組(小学生以上の子供1名と親1名で1組とします)
費用: ¥4,000(ツアー+親子用万華鏡材料+ドリンク)
集合: 東武亀戸線小村井駅改札口
※集合後すぐ出発しますので5分前までにご到着ください
ツアー:
Aコース(5組)・・・ 集合 → プラスチック加工工場 → 万華鏡ワークショップ → 解散
Bコース(5組)・・・ 集合 → プレス工場 → 万華鏡ワークショップ → 解散
万華鏡: ユラユラ見えるオイルタイプ/入れ替えできるドライタイプより選択
応募: お名前(参加される親子)、電話番号、ご希望のコースを下記のアドレスまでお知らせ下さい。
web_otoiawase@haizai.jp (締切り: 3月19日

※工場へ徒歩による移動時および工場見学時は、危険なきようお子様と手をおつなぎ下さい。
ご心配な方は、個人にて保険へのご加入をお願いいたします。



すみだまつりでの模様


1月に行われた大人の万華鏡ワークショップの模様



2011年2月24日

先日の「町工場ツアー&万華鏡ワークショップ」で工場見学をさせていただいた有限会社サンテックの山部さんを囲んで、ワークショップ会場でもあった八広のcafe poka pokaで昼休みにランチをしました。3人とも「タイ風唐揚げマリネ丼」を注文、辛味のきいたさっぱりとした味に舌鼓を打ちつつ、工場見学での感想について話しました。いろいろと貴重なご意見もいただき、今後の活動に向けてとても参考になりそうです。

その日のランチの目的は、山部さんに万華鏡をお渡しすること!配財PJリーダーのサトウ化成 佐藤さん特製の緩衝材の廃材でつくった台座と、配財プロジェクトのロゴをあしらったオリジナルラベルを添えて、山部さんへのお礼に寄贈させてもらいました。




じつはこの万華鏡のオブジェクト全て、サンテックさんの工場でプラスチックを切削加工した時に出される廃材のみでつくってるんですよ。さて、どんな景色が見えるでしょう?


すごくきれいですよね!?まさに、サンテックさんの精緻な加工技術が生み出した魔法の副産物ですね。山部さん、サンテックの皆さん、ありがとうございました。

2011年2月20日 手芸班



【帽子】
・矢田制帽さんの布とデザインを使用 → 矢田さんに初心者でも扱いやすいものを選んでいただく
・帽子キットは縫物が苦手な人にはハードルが高いため、4月中に一度、「コサージュなどの飾りを作り、
 それを完成している帽子に自分でアレンジして付ける」という親子ワークショップを行ってみる。
・ワークショップでの反応を見つつ、5月もの処では、キット(型紙&布(裁断までしてあるものが良い?))、半製品、完成品の販売を行う
・帽子とおそろいのバッグ(あずま袋)なども販売してはどうか。





【革】
・針を使うものはワークショップで行うには取り扱いが難しい。
・革のひもを使って製作するものを検討。大人と子どもで編み方を変えるなど、難易度も調整してはどうか。
・もの処では、キット販売できる物だけでなく、商品として並べられるものは少量でも販売する。

【その他】
・「HAIZAI」のロゴを入れた織タグ(シャツの首のところについている様なもの)を作成し、どの製品にも縫いこんではどうか。 色は黒が良い。

【次回mtg】
・3月21日(月曜・祝日)10時より、矢田制帽さんにて。お昼を挟んで午後まで。
・ミシンをお借りし、メンバーで帽子を実際に作ってみる。
・他の製品についても、実物が提案できるものは持ってくる。

以上





町工場ツアー&万華鏡ワークショップ開催(1/28)



配財プロジェクト初の大人向け企画「工場見学&万華鏡ワークショップ」。廃材を使った万華鏡を作るなら、ぜひ廃材が生まれる現場を見てほしい!との思いで、今回は1月28日金曜日の平日開催となりました。
HAIZAIの旗を手にしたガイドの達郎くん。ぞろぞろ歩く大人の集団はかなり目立ったようで、下校途中の子どもたちからは「何だあれは?」の声が…。



今回は墨田区八広地域の2社を訪ねました。まずはプラスチックの切削加工を行う「株式会社サンテック」さんへ。棒状の素材から品物を削りだす様子を見学しました。



真っ白でふわふわした削りかすは、「しらすみたい」「おままごとに使えそう」「クッション材になりそう?」とイメージが膨らみ、さっそく万華鏡づくりの素材として分けていただくことに。



次はウレタンの型抜きなどを行う「サトウ化成」さんへ。一瞬で複雑な形状が作られる様子は見事としか言いようがありません。


これも抜いた形状以外はすべて廃材。でも色もきれいで形もおもしろい。万華鏡の素材だけでなく、他に使えそうな物もたくさん分けていただきました。



会場のPOKAPOKAさんに戻って温かい飲み物で一息ついたあと、いよいよ万華鏡のワークショップです。
お店の2階は親戚の居間にいるみたいで、いつの間にか皆さん和気あいあいとおしゃべりが始まりました。テーブルには見学した2社のほか、墨田のあちこちの工場からの廃材がいっぱい!
「ここどうやるの?」「ほら見て見て!」 どの材料を入れようか皆さん真剣で、子どもたちのワークショップにも負けない盛り上がりです。





そしてのぞいてみると…いろんな工場からの「廃材」が美しい「配財」に変わる瞬間が!
同じ素材を使っても、どれも驚くほど個性的で、参加された皆さんもお互いの万華鏡にうっとり。



今回初めての企画でしたが、皆さんの笑顔にスタッフ一同「またやりましょう!」と力をいただきました。
ご協力いただいた皆様、心温まる会場と飲み物を用意して下さったPOKAPOKAさん、そしてもちろん参加して下さった皆様、どうもありがとうございました!






エコレザーって何?

「配財プロジェクトに皮革が加わったらいいね。」
そう話していた11月のミーティング。
そんな折、行きつけの東向島珈琲店さんから東墨田の皮革製造会社の山口産業株式会社さんを
紹介していただき、さっそく訪問してきましたっ。

お話を聞かせていただいたのは、専務の山口明宏さんと、バッグなどを製造されている
コージロー株式会社の堤光治さん。
革のまちすみだいう、国内のピッグスキンなめし生産量9割を担う墨田の皮革産業を
認知してもらうための活動をされているお2人に、墨田の皮革産業や製造、工場見学会の
ことなどについてお聞きしました。
お話の後は工場を見学させていただくことに。革をなめすためのタンブラー(?)は
大きくて迫力がありましたね〜。

山口産業さんでは、なめした革は従来すべて販売してたため、廃材は出ませんでした。
しかし、革のまちすみだの活動の一環でつくるようになったすみだ職人体験キット
製造をはじめたことで廃材がちょうど出ることになったのだそう。
革アレルギーの方にもやさしい色とりどりのエコレザーの端切れが!そのままなら
有償で廃棄することとなるこの廃材、どうにか活かしたいなぁ。。。


工場見学のあとは、配財プロジェクトでもおなじみのcafe Poka Pokaへ。
タイビールをクイッと飲みながら、廃材活用のアイデアやプロジェクトの展開について
貴重なアドバイスをいただきました。本当にどうもありがとうございました!
ピッグスキンの廃材、さてどう活かそう!!?


後日、すみだ職人体験キットを手作りしてみました。このキットは、消費者の方々に
広く皮革産業を認知してもらうためのPRツールとして手作りカードケースになるんです。
豆型のカードケース、これはキュートです。
エコレザーのピッグスキンって、ホントしなやかでやさしい素材だなぁ。


ちなみにただ今、日本エコレザー認定革を使用した製品を展示中だそう。行ってみます!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期間:2010年11月1日(月)~12月31日(金)
場所:東京ミッドタウン ガレリア3階
   「THE COVER NIPPON」(ジカバー・ニッポン)
   東京都港区赤坂9-7-3
参加:㈱猪瀬、ケープレスト㈱、コージロー㈱、㈱コロンブス、㈲鈴仙、㈱髙屋、
   ㈲トラガブ、㈱エムピウ(㈲野村製作所)、㈱山藤(9社)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供たちのものづくり学校

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

本日は新たな方をお招きして懇親会ミーティング

株式会社浜野製作所 浜野社長様は、墨田を代表する燃える中小企業人。

板金加工やレーザー加工をクイックに対応されており技術はもちろんスピードにもこだわった経営をされいてます。

そんな浜野社長をかこんで墨田区は八広にある『日の丸酒場』へ

エコ リサイクル 廃材を配財にプロジェクト

子供向けにものづくり学校的な構想を前々から持っていらっしゃる浜野社長とも

今回のこのプロジェクトに多いに賛同をいただき関わって頂けることになりました。

またまたご縁が広がりました♪




◎株式会社浜野製作所
東京都墨田区八広4-39-7
TEL 03-5631-9111
http://www.hamano-products.co.jp